HOME  観光 
伊豆最古ともいわれる修善寺の温泉。大同2年(807年)弘法大師(空海)が開いたという修禅寺を中心に開けた温泉街は古来から湯治場として親しまれてきました。様々な故事・歴史にまつわる名所、温泉情緒あふれる温泉街、四季を通じてお楽しみいただける豊かな自然。 修善寺の観光情報のご案内です。 

 季節を問わず楽しめる… 修善寺温泉の名所・史跡と観光施設



修禅寺

弘法大師空海が大同2年(807年)に開基したと伝わる古刹。源頼家が幽閉され非業の死を遂げ、岡本綺堂の戯曲「修善寺物語」で有名になった頼家ゆかりの古面や、北条政子が寄進した放光般若波羅密教などが宝物館に納められています。

修禅寺公式ホームページへ

修禅寺

弘法大師空海が大同2年(807年)に開基したと伝わる古刹。源頼家が幽閉され非業の死を遂げ、岡本綺堂の戯曲「修善寺物語」で有名になった頼家ゆかりの古面や、北条政子が寄進した放光般若波羅密教などが宝物館に納められています。

【修禅寺の変遷】
鎌倉初期になって建長年間(1250年頃)に蘭溪道隆(臨済宗鎌倉建長寺開山の宋禅僧)が住し、桂谷の風致が支那の廬山に似ているところから当時は肖廬山と号した。 南北朝時代の康安元年(1361年)になって畠山国清と足利基氏との戦禍を受け、応永9年(1402年)には火災を蒙り、永徳元年(1489年)に至り、韮山城主の北条早雲が外護者として再興し、叔父の隆溪繁紹(遠州石雲院)が住して曹洞宗に改宗され山号も福地山と改められ今日に至る。
宝物館(瑞宝蔵)には修禅寺物語ゆかりの古面などが展示。
手水場は龍の口から温泉が流れる。

【宝物殿】OPEN:AM8:30〜PM:4:00(4月〜9月は4:30まで)

【季節の催し】
■2月 節分会
■4月 花まつり・万灯会・春季弘法忌大祭・湯汲式
■7月 修善寺頼家まつり
■8月 修禅寺寄席・万灯会・秋季弘法忌大祭
■11月 桂谷八十八ヶ所巡拝・御本尊特別公開
■12月 奥の院星まつり・除夜の鐘

修禅寺公式ホームページへ

独鈷の湯

諸国を行脚中の弘法大師が、桂川で病父を洗う少年を見て心うたれ、独鈷杵(仏具)で川の岩を打ち霊湯を湧出させ、父子に温泉療法を伝授したという、修善寺温泉発祥の湯です。

※ご入浴は出来ません。

独鈷の湯

諸国を行脚中の弘法大師が、桂川で病父を洗う少年を見て心うたれ、独鈷杵(仏具)で川の岩を打ち霊湯を湧出させ、父子に温泉療法を伝授したという、修善寺温泉発祥の湯です。

※独鈷の湯は、法律にのっとった浴場ではありませんので入浴できません。足湯としてもご利用できません。



竹林の小径

温泉街の中心部を流れる桂川に沿う遊歩道。とっこの湯から続く小径を歩いていくと、茶処や昔懐かしい火の見櫓が散策する人々の目を楽しませ、竹林の中央では大きな竹製の円形ベンチで風を感じることが出来ます。夜11:00までライトアップされ、温泉街の夜の散策を堪能できます。
 (平成9年度都市景観最優秀賞受賞)

竹林の小径


温泉街の中心部を流れる桂川に沿う遊歩道。とっこの湯から続く小径を歩いていくと、茶処や昔懐かしい火の見櫓が散策する人々の目を楽しませ、竹林の中央では大きな竹製の円形ベンチで風を感じることが出来ます。又、時期によりライトアップが行なわれ、温泉街の夜の散策を堪能できます。

(平成9年度都市景観最優秀賞受賞)

日枝神社

修禅寺の東隣にある静かな佇まいの神社。鳥居をくぐるとマキ、ケヤキ、スギの見事な老大樹が一本ずつ並び、参道をおおっています。ケヤキの巨木の根元には信功院跡の表示と石の庚申塔がひっそりと、源範頼の悲劇の跡をしのばせます。
 境内には県の天然記念物に指定されているイチイカシの巨木と、二本の杉の間を通ると子宝に恵まれるという言い伝えがある樹齢800年の「子宝の杉」があります。

指月殿

修禅寺に対面した鹿山の麓に位置する指月殿は、北条政子が息子・頼家の冥福を祈り菩提所として建立したものです。数千巻の経文を寄進し菩提を弔ったといわれていますが大半は散失し、現存するものはわずか8巻。そのうちの第23巻が静岡県指定文化財として修禅寺宝物館に置かれています。
この建物は伊豆最古の木造建築といわれており、本尊の釈迦如来像は、禅宗式という珍しい形で、持物のないはずの釈迦像が右手に蓮の花を持っているのが特徴です。

源頼家の墓

指月殿境内に頼家の墓があります。父頼朝の後を継いで、18歳で鎌倉幕府の二代将軍になった頼家は、やがて政争に巻き込まれ修禅寺に幽閉された後、北条時政の手により23歳という若さで、当時修禅寺門前の虎溪橋際にあった筥湯で暗殺されました。

十三士の墓

源頼家の墓の側に十三士の墓があります。源頼家の家臣十三人が、頼家が殺された6日後に再起を期して謀叛を企てたものの、挙兵前に発見され殺されたと伝えられ、その家臣の霊を祀ってあるといいます。

源範頼の墓

鎌倉幕府将軍 源 頼朝の弟。蒲冠者と呼ばれた範頼は、弟義経への情愛や兄嫁(北条政子)への気遣いなど、優しく率直な性格であったがゆえに頼朝の誤解を招き、この地に幽閉され悲しい最期を遂げました。

赤蛙公園

昭和19年、島木健作が病気療養のため修善寺を訪れたとき、桂川の中州から向こう岸に渡ろうとする1匹の赤蛙が目に止まり、これを題材とした短編「赤蛙」が生れました。この場所に小公園を作り赤蛙公園と呼んでいます。
3月下旬〜4月初めには桜が咲き、5月下旬~6月上旬には「ほたるの夕べ」が開催され、蛍の幻想的な光の舞を楽しめます。

しゅぜんじ回廊

竹林の小径の途中にある和風ギャラリーです。年間を通して修善寺の歳時記の写真展など、修善寺ゆかりの企画展が開催されています。観光案内所も併設されていますので、散策時にはぜひ御立ち寄りください。

恋の橋めぐり

修善寺温泉を流れる桂川にかかる5つの橋には、それぞれに恋にまつわるご利益があるといわれています。願いをかけながら橋を渡って、想いを成就させて下さい。

恋の橋めぐりpdf▶

ハリストス正教会

修善寺温泉で異国情緒を漂わせているのが、静岡県の文化財に指定されているこの教会。基本構造は日本建築で、外見を洋風に仕上げています。 建物の周囲の屋根軒下には、ぶどう飾りがあります。それは、左官たちが一つずつ丁寧に彫ったもので、一つ一つ形が違うことには驚かされます。
●毎月第2日曜日(AM10:00〜)見学可能 ※ただし、写真撮影は禁止。
●詳細は 伊豆市役所社会教育課
 TEL:0558−83−5476 

 季節ごとの修善寺温泉  イベント・見どころ
通年
温泉街ライトアップ

●日没~23:00
(竹林の小径の影絵 22:00迄)

修善寺温泉では夜の温泉街を、光をテーマに各所をライトアップして温泉地づくりを進めています。


詳細ページへ▶
通年
弘法市

毎月恒例の朝市
●毎月21日午前7時から正午
(4月と8月は除く)
●12月~2月は 7:30~12:00
令和3年2月21日の弘法市はコロナウィルス感染拡大防止の為、中止となりました。
弘法大師ゆかりの名刹に立つ、月に一度の名物市。 清々しい山間の朝に露店が軒を連ねます。店先を飾るのは新鮮な山の幸(生椎茸、わさび、黒米その他)。散策ついでに是非お立ち寄り下さい。旅の思い出がきっと見つかるはずです。


2月
節分会

修善寺温泉街の中心に位置する修禅寺では、毎年「節分会」を開催しています。
節分の日となる2月3日には修善寺町内の年男、年女が修禅寺の本堂で住職らのご祈祷を受け、その後境内に設けられたやぐらから、「鬼は外、福は内」の掛け声とともに豆をまいて鬼を祓い、一年間の家内安全や無病息災を祈願します。福を求めに詰め掛ける地元住民や観光客が、豆がまかれる度に歓声をあげて境内は賑わいます。

●開催日 2021年2月2日(火)
  ※2021年の開催は中止となりました。

2月-3月
梅まつり

『梅まつり』は、毎年2月初旬から3月中旬まで開催され、露店や飲食店が出店します。
樹齢100年を越える古木や樹齢30年程度の若木を合わせて20種1000本の紅白梅が植えられ、『梅まつり』期間中は、総面積30,000平方メートルの小高い丘稜地いっぱいに 梅の花が咲き乱れます。


梅まつりページへ▶
2月-3月
女将の雛飾り

大正時代に建築されたお宿『花小道』の二階広間に、 明治から平成までの大変貴重なお雛様や御殿飾りを公開します。  女将の点てる抹茶もこの期間だけの特別なものです。
修善寺の春の訪れをかわいいお雛様と共にお楽しみください。

●開催日  2021年2月20日(土)~3月14日(日)
※コロナウイルス感染拡大予防の為、2021年の開催は中止となりました。
●開催時間 9時30分~16時30分
●会場 花小道二階広間 
(修善寺温泉中心とっこの湯公園隣)
●料金 入場料 300円

5月
修禅寺御膳

修善寺調理師会の一流の板前が地場産品を使い、腕によりをかけて作り上げた修善寺ならではの創作精進料理です。新樹の息吹を感じながらぜひ、お召し上がり下さい。

※2021年の開催は中止となりました。


修禅寺御膳ページへ▶
4月-5月
奥の院 春の静寂

修禅寺から奥の院まで約1里の道のりを、ガイドと共に山桜の咲き誇る里山風景を楽しみながら、八十八ヶ所札所やいろは石を巡ります。最終地である奥の院では、地場産品で作った「奥の院弁当」をお楽しみ下さい。

※2021年の開催は中止となりました。

奥の院 春の静寂 ページへ▶
3月-4月
修善寺の桜

早咲きの河津桜、枝垂れ桜などから 開花時期の遅い八重桜まで街の随所でお楽しみ頂けます。


修善寺の桜ページへ▶


4月
春季弘法忌

修善寺温泉発祥の「とっこの湯」を1200年前に発見した弘法大師と温泉への感謝祭。
地元では「春のお弘法さん」とも呼ばれ親しまれています。
4月20日には御輿の渡御と万灯会、翌21日には大般若祈祷、湯汲み式。 2日間に渡って盛大に執り行われます。
 春季弘法忌ページへ▶

4月
春季弘法忌


修善寺温泉発祥の「とっこの湯」を1200年前に発見した弘法大師と温泉への感謝祭。
地元では「春のお弘法さん」とも呼ばれ親しまれています。
4月20日には御輿の渡御と万灯会、翌21日には大般若祈祷、湯汲み式。 2日間に渡って盛大に執り行われます。

※2021年の万灯会・湯汲み式の開催は中止となりました。

春季弘法忌ページへ▶

5月-6月
ほたるの夕べ

●開催期間  5月下旬〜6月初旬
※開催日程が決まりましたら掲載します。
午後8時頃が見頃
●会場 赤蛙公園 (無料)

修善寺の静かな夜に舞う、初夏の風物詩ほたる。 幻想的な小さな光の舞をお楽しみ下さい。



ほたるの夕べ 鑑賞の手引pdf▶
7月
頼家まつり

●開催日 2020年7月19日(日)
※2020年の開催は中止となりました。

修善寺で暗殺された鎌倉二代将軍源頼家とその家臣である十三士の霊を慰めるイベントです。 仮装行列が修禅寺を出発して、十三士の墓、頼家の墓を詣で供養を行い、桂橋から修禅寺へ戻ります。 修善寺の夏イベントの幕開けです。



頼家まつりチラシ(2019版)pdf▶
8月
盆踊り

●開催日時 毎年8月1日 19:30〜
●開催場所 修禅寺境内にて
※2020年の開催は中止となりました。
一般的にお盆は8月13日から15日ですが、修善寺はその昔蚕の繁忙期だったため、8月1日から3日がお盆になっています。 お寺の境内にやぐらが立ち、たくさんのちょうちんの灯り・・・。盆踊りの音楽に合わせて太鼓の音が響き渡ります。地元の人たちはもちろん、観光客も大歓迎です。施食会・修禅寺寄席もございます。

盆踊り・施食会・修禅寺寄席
チラシ画像▶


8月
秋季弘法忌

夏の最後に開催されるこの祭典のメインは20日万灯会、21日の弘法大師奉納花火大会です。 弘法大師の霊を慰める祭典として毎年開催されています。
花火大会のフィナーレ、とっこの湯付近の川面での仕掛け花火のナイアガラも必見です。 当日は修禅寺境内や門前に露店がならび 賑やかな縁日が催されます。

秋季弘法忌ページへ▶

8月
秋季弘法忌


夏の最後に開催されるこの祭典のメインは20日万灯会、21日の弘法大師奉納花火大会です。 弘法大師の霊を慰める祭典として毎年開催されています。
花火大会のフィナーレ、とっこの湯付近の川面での仕掛け花火のナイアガラも必見です。 当日は修禅寺境内や門前に露店がならび 賑やかな縁日が催されます。

秋季弘法忌ページへ▶

8月
キャンドルナイト

●開催日時 8月後半
19:30 ~ 21:00(雨天・強風中止)
●開催場所 修禅寺境内

夏の「光の祭典」。やわらかなろうそくの光が、修善寺温泉街をロマンティックに演出します。 昼間の修禅寺とはちがう幻想的な世界 祈願ろうそくを灯し、皆様に光明がさしますように…。 修禅寺住職が祈祷したろうそくに願いを書いて 修禅寺境内に灯してみませんか?

キャンドルナイトpdf(2020)▶
10月-11月
修善寺温泉 菊飾り

温泉街の各所に菊の花鉢が飾られて、街は秋の彩りに華やぎます。

●10月〜11月初旬
●会場 修善寺温泉街



菊飾りチラシ画像▶
10月-11月
奥の院 秋の静寂

修禅寺から奥の院まで約1里の道のりを、ガイドと共に秋色に彩られた里山風景を楽しみながら、八十八ヶ所札所やいろは石を巡ります。最終地である奥の院では、茶話会が催されます。



奥の院 秋の静寂ページへ▶
10月
日枝神社大祭

修善寺温泉の中心にある修禅寺に隣接した「日枝神社」の祭典です。
祭典の夜には温泉街を中心に御輿、女御輿、子供御輿、シャギリの山車が練り歩き、御神酒所では観光客にも御神酒が振る舞われます。

●開催日 毎年10月の第3土曜日

5月
桂谷 八十八ヶ所巡礼

●開催日 毎年11月7日、8日、9日 
●参加無料

修善寺の里山に点在する札所を三日間にかけて巡る行事です。四国八十八ヶ所と同様の功徳が得られるといわれ毎年多くの巡拝者が訪れます。 秋の里山景観を楽しみながら誘導スタッフとゆっくり回りましょう。 なお、ご宿泊の方は観光協会にお問い合せ下さい。

10月
桂座

1200年の歴史ある修善寺温泉の夜に、一流ミュージシャンの演奏が響き渡ります。 夏の夜の修禅寺に響く厳かな、また時に華やかな調べ。幻想的な修禅寺の夜をお楽しみ下さい。



桂座ホームページへ▶


11月-12月
修善寺 もみじ散策

伊豆随一のもみじ群生地、修善寺もみじ林の紅葉をはじめ、温泉街や虹の郷でも紅葉を楽しめます。 【見頃期間】
  ●修善寺もみじ林・虹の郷・修禅寺 11月中旬 ~ 12月上旬頃
  ●修善寺温泉街 11月中旬 ~ 12月中旬頃
  ●修善寺虹の郷ライトアップ   2020年11月14日(土)~12月3日(木)
                        (16時から21時:期間中無休) 

修善寺 もみじ散策ページへ▶

11月-12月
修善寺 もみじ散策

伊豆随一のもみじ群生地、修善寺もみじ林の紅葉をはじめ、温泉街や虹の郷でも紅葉を楽しめます。

【見頃期間】
  ●修善寺もみじ林・虹の郷・修禅寺 11月中旬 ~ 12月上旬頃
  ●修善寺温泉街 11月中旬 ~ 12月中旬頃
  ●修善寺虹の郷ライトアップ   2020年11月14日(土)~12月3日(木)
                        (16時から21時:期間中無休)

修善寺 もみじ散策ページへ▶

11月
修禅寺 中庭公開

修禅寺方丈の庭園が期間限定で一般公開されます。 伊豆の古刹が守り伝えてきた名園で晩秋のひと時をおすごしください。

●開催日 11月中旬から下旬頃
●時間 9:00~16:00
●料金 保存協賛金として 200円

修禅寺ホームページへ▶
  観光施設 
観光施設
修善寺 虹の郷

イギリスの歴史と文化に触れることができるイギリス村、季節ごとに花が咲き競うフェアリーガーデン、そしてカレードスコープ(万華鏡)ミュージアムのあるカナダ村、花しょうぶやしゃくなげが美しい日本庭園、伝統工芸が体験できる匠の村など。
15インチゲージのSLや四季の花々で幅広い年齢層が楽しめるテーマパークです。


虹の郷ホームページへ▶
観光施設
サイクルスポーツセンター

ロードレーサーで走れる自転車専用コース「5キロサーキット」をはじめ、街中では乗れない数十種類のユニークな自転車を集めた「おもしろ自転車」など、自転車関連の乗り物がいっぱい楽しめる。 他にも、富士山を望む眺望抜群で総天然芝の"パターゴルフコースやフットサル等の球技が出来る「多目的ホール」(要予約)の貸切利用もできます! ご家族のレクリエーション、体力づくり、健康増進を目的に楽しく遊んでエンジョイしませんか。

【営業のご案内】 本センターは台風19号の影響による土砂崩れ等の被害が複数箇所発生したため、その復旧をすると共に2020年開催のオリンピック関連工事も並行して行うため遊園地は休業致しております。 2021年3月頃再オープン予定。詳しくはホームページをご覧下さい。

サイクルスポーツセンター
ホームページへ▶
観光施設
ジオリア

伊豆半島ジオパークミュージアム。
46億年前に誕生した地球は、その姿を変え続けてきました。大気中に酸素のない時期もありましたし、地球全体が寒く凍りついていた時期もありました。大陸も初めからあったわけではなく、プレート運動や火山活動によって作られ、場所や形を変え続けています。伊豆半島を旅することで、そうした地球の動きの一端を目の当たりにできるかもしれません。

ジオリア ホームページへ▶
観光施設
しいたけの里

1年中いつでもできるしいたけ狩りとバーベキュー。伊豆の空の下、原木栽培の「しいたけ狩り」と、「しいたけバーベキュー」はいかがですか?


●営業時間 AM9:30~PM3:00
 (夏期AM9:30~PM6:00)
●電 話 0558-72-8484
●定休日 毎週水曜日


しいたけの里ホームページへ▶


【宿泊に関するお問い合わせ】
 修善寺温泉旅館協同組合
 TEL.0558-72-0271
 Mail:ryokan@shuzenji.info
【観光に関するお問い合わせ】
 伊豆市観光協会修善寺支部
 TEL.0558-72-2501
 Mail:syuzenji@axel.ocn.ne.jp